優先予約

認知症について

え!?認知症って、健診で予防できるの?

“認知症”と“もの忘れ”は何が違うのでしょう?

加齢によるもの忘れ

体験したことの一部を忘れ(例:食事で何を食べたかを忘れる)
もの忘れをしているという自覚があり、思い出そうとします。

認知症の場合

体験したことの全部を忘れ(例:食事をしたこと自体を忘れる)
もの忘れをしている自覚がありません

前者は日常生活に支障がないのですが、後者だと日常生活に支障をきたしてしまいます。

“認知症”には、種類があります。

認知症の種類

脳血管性認知症もアルツハイマー病も、
「脳血管が傷むこと」が発症原因のひとつです。

血管を守ることが、脳を守る=認知症の予防につながるのです。
でも、血管の状態は、自分ではわかりません。

高血圧や高血糖値の改善が、認知症予防に効果あるらしいで〜

血管の状態を知るには、1年に一度の健診しかありません。

健診では、

  • 血管を傷めるリスクがないかを確認することができる
  • 無料の『もの忘れチェック』を同時に受けることで、今の認知機能を知ることができる

つまり、一度の健診で、

今の自分の認知機能を知る+血管のリスクがないかを知る」がダブルでできる!健診は、認知症予防の強い味方なのです。

もの忘れチェック

事前予約あり

認知症予防は今の”もの忘れ度”を知ることから!

費用

無料(40歳以上)

場所

特定の集団健診会場

市報や健診案内パンフレットまたは、電話で確認下さい
申込方法
事前予約あり(当日申込も可)
「もの忘れチェック」を実施している健診会場で申し出る
電話で予約 0120-552-363
【月~土】午前10時~午後5時(日、祝を除く)
※4月のみ【月~金】午前10時~午後5時(土、日、祝を除く)となります。
内容

30項目をチェックします
所要時間:15分程度

結果をもとに進行を防ぐ方法についての健康相談を行います

物忘れは老化の一つですが、そのスピードが速い人がいることが近年の「もの忘れチェック」の結果でわかりました!
※老化による認知機能の変化を早めに知れば、予防ができます。そのために年に一回、もの忘れチェックで確認しましょう。

さあ、健診と一緒に、『もの忘れチェック』を受けて、認知症予防に役立てましょう!

TOPへ戻る