健診のおすすめ

健診のおすすめ

 

健診のココがスゴイ!

  1. 自覚症状のない生活習慣病を予防できるのは健診だけ!病気になってからでは、遅い!健診で予兆を発見して、生活改善すれば生活習慣病は防げます。
  2. 健診の後は、無料で健康やダイエットの サポートが受けられる 「保健指導」も!保健指導を受けた方の半数が、翌年の健診で状態が改善しました。
  3. みんなで健診を受ければ、みんなの保険料が安くなる!一人でも多くの人が健診へ行くことで、国保の保険料負担が減らせます。

健診のホント

「健康だから大丈夫」「病院に通っているから関係ない」「忙しくて行く時間がない」なんて思っていませんか?
実は、健診を受診した方の中で、全く異常のなかった人はわずか3%。知らないうちに、あなたのカラダも生活習慣病予備群になっているかもしれません。
健診に行くこと、イイコトいっぱい!あなたも健診で自分の体をチェックしましょう!

  1. 無料ダイエットサポート
    健診受診後は無料で健康やダイエットのサポートが受けられる保健指導付き。
  2. 緊急入院
    脳卒中や心筋梗塞で緊急入院した人の8割以上が健診未受診者でした。
  3. がん検診
    健診と一緒 にがん検診も受けられます。
  4. 景気回復
    一人でも多くの方が健診を受診して生活習慣病が減れ ば国の医療費、介護保険の 負担が減ります。
  5. 家計にも影響が
    糖尿病や脳卒中、心筋梗塞は自覚症状のないまま進行します。重症になると1ヶ月500万円もの医療費がかかることも!
  6. 子どもメタボ
    尼崎市の11歳の40%、14歳の43%は高血糖という結果が!
  7. 人工透析
    全国的に増加している人工透析。新規の透析患者が3年連続減っています。保健指 導がその理由の一つです。
  8. 保険料減!?
    健診へ行く人が増えてみんなで病気を予防できれば、 その分医療費等、ご加入の 医療保険の負担が減ります。
  9. 脱メタボ
    メタボリックシンドロームと診断されて保健指導を受 けた人の半数以上が翌年に は改善しています。
  10. 4%→1.4%
    健診受診者のうち重症高血圧の人が、4%→1.4%に減少しています。
    (平成19年→22年度)

ページの上部へ

ちょっと気になるお金の話・・・

健診へ行くと、医療費が1ヶ月8000円も安くなる!?

生活習慣病で通院している方の、一人あたりの平均医療費を調べてみました。

  • 高血圧の場合だと、健診を2年連続未受診だと28,925円、いずれか1年で健診のみ受診23,089円、2年連続健診と保健指導を受診している方20,434円。その差なんと 8,491円
  • 糖尿病の場合だと、健診を2年連続未受診で32,134円、いずれか1年で健診のみ受診27,008円、2年連続健診と保健指導を受診している方23,960円。その差なんと8,174円。

将来の健康のためだけでなく、家計のためにも、健診が必要です。

健診へ行くと、入院日数が短くなる!?

生活習慣病が重症化すると、入院の必要も出てきます。
入院が長引くほど費用もかさみ、さらに家計を圧迫することに。
実は、健診へ行くと入院の日数が短くなるというデータがあります。

  • 虚血性心疾患の入院日数は健診未受診者が15日、健診+保健指導実施者が11日。その差なんと4日。
  • 脳血管疾患の入院日数は健診未受診者が24日、健診+保健指導実施者が13日。その差なんと8日。