健診の受け方

健診の意義

賢不全や脳血管疾患、心筋梗塞などの生活習慣病は、ある日突然起こるように見えますが、実はそうではありません。 生活習慣病を起こす血管の変化は、10~15年かけてじわじわと進んでいきます。 その間、痛みやだるさなどの自覚症状はありません。 気付かないうちに、血管の変化(動脈硬化)が進行しているかもしれないのです。
健診の意義

毎年の健診結果から、これらの数値を見比べてみることで、血管変化をおこしやすい状態に あるかどうかをチェックすることができます。
健診は、その年のカラダの良い悪いを見るだけのもではありません。毎年受けるからこそ意味があるのです。