がん検診について

がん検診について

がんが進行する前の初期の段階で発見できれば、治る確立も高くなっています。
ただし、がんは初期の段階では明らかな症状がないため自分で気付くことが困難です。
そこで、がんを早期発見するため、がん検診が実施されています。

集団健診で受けられるがん検診

肝炎ウイルス、大腸がん、肺がん

詳しくはこちら

医療機関・保健所で受けられるがん検診

胃がん、大腸がん、子宮がん、乳がん、肝炎ウイルス

詳しくはこちら

国保総合健診

胃がん、大腸がん、子宮がん、乳がん、肝炎ウイルス、腹部超音波検査、乳房超音波と乳腺触診、前立腺がん、骨密度測定

詳しくはこちら